よくある質問

どんなペットでも可能でしょうか?
対象はペット全般で、ほ乳類、鳥類、は虫類、カメなどとのコミュニケーションが可能です。ただし、昆虫や魚類などは対象外となります。
一度に複数の動物の対応は可能ですか?
可能です。同居動物であれば頭数に制限はありません(応相談)。
定休日はありますか?
ございません。
電話でのセッションは可能ですか?
可能です。電話代はお客様負担になります。
迷子になったペットを探すことは可能ですか?
迷子ペットの捜索は行なっておりません。コンタクトをとって気持ちを聞いたり、伝えたりすることは可能ですが、今現在いる場所の特定はできません。
アニマルコミュニケーターになるには、どんな勉強をしたらいいですか?
まずは動物の行動やボディランゲージをよく観察しましょう。彼らは普段からさまざまな方法で私たちに気持ちを伝えようとしているので、常にアンテナをはってそのサインを見逃さないようにすることが大切です。また、多くのアニマルコミュニケーターはテレパシー、つまり潜在意識にアクセスすることによってコミュニケーションを図っています。それは私たち人間に元来備わっていた能力なので、誰もが開花できる可能性を秘めています。そのためには、魂とつながるという心がまえを持ち、瞑想やグラウンディング(地球とつながること)など、自分の感度を高める訓練を重ねることが必要。現在はプロのアニマルコミュニケーターによる養成講座も多く、DVDなども普及しているので、自分に合ったものを見つけてトライしてみるとよいでしょう。

ページトップへ

  • お問い合わせはこちらから
  • ブログはこちらから
  • セッション料金のご案内
  • アロマハンドファブ
  • twitterはこちらから
  • フェイスブックはこちらから

ご相談の方はコチラまで